Articles記事一覧

Articles記事一覧

帆布の道具入れ

Story

関西で織られ、大阪で染色加工・縫製された、軽くて丈夫な帆布の道具入れ。Cohanaのお裁縫道具はもちろん、使う人の好みで様々なシーンに使っていただけます。

道具入れのお色は「きなり」と「もくたん」の2色。それぞれ「きなり」には「ばらいろ」か「みずあさぎ」のタッセル、「もくたん」には「きすいせん」か「つゆくさいろ」のタッセルが付きます。こちらの4展開から選んでいただけます。

持ち運びに適したバッグで幅広のバスケットのような形は、スタイリッシュで実用的。外側360度全面にポケットが付いていて小物の収納に便利です。
帆布の生地にはパラフィン加工が施されており、撥水性があり、耐久性に優れています。汚れにくしっかりとしたとした質感。使い込むほど風合いが増し、馴染んできます。

別売りのコロンとしたフォルムが特長の「帆布の小間物入れ」と帆布の道具入れと同素材で作られた「帆布の小間物ポーチ」は道具入れにの中に3つがスッキリ収まるサイズ設計。仕切りとして使えば、細々したものの収納が可能です。

産地

大阪府

製作

帆布の道具入れ|ichimaruni/大阪府中崎町

【ひとに = 102 = イチマルニ】「人に」を、読み変えて、「イチマルニ」。
「人に」寄り添う「もの」を、その「人のために」つくりたいという気持ちがこめられています。
持つ人にどこまでも寄り添い、“主張しすぎないことで現れる存在感”を大切にしたカバンを製作するichimaruniさん。丈夫で軽い帆布を活かしたものづくりを追求されています。

商品サイズ

※表示の寸法は目安です。実際の商品寸法とは誤差がある可能性があります。

270mm
高さ 100mm
(持ち手込み高さ:170mm)
奥行 100mm

取扱い上の注意

  • パラフィン加工の特性として、生地にハリがあり表面に独特のシワがあります。使い込むほどに、柔らかくなり風合いが増していきます。
  • パラフィン加工の特性として、最初はロウソクのようなにおいがします。使い込むほどに、においは薄れていきます。
  • パラフィン加工を長く維持するためには、できるだけ洗わないことが理想です。
    汚れが気になる場合は濡らした布で軽く汚れを拭き取るか、白い消しゴム等で軽くこすってください。
    手垢などの油汚れは、水で薄めた中性洗剤を含ませた軟らかいブラシで軽くこすって落としてください。
    使い込むことによって汚れが目立ってきたら、やさしく手洗いをしてください。
    パラフィン加工によるハリ感は失われますが柔らかく馴染んだ新しい風合いをお楽しみいただけます。
  • 帆布は綿製品ですので、色落ちする場合があります。特に濡れた状態では、衣服等に色移りするのでご注意ください。
  • 帆布は湿気に弱く、高温多湿の場所ではカビが生えることがあります。
    長期間お使いにならない場合は、カビ・シミを防ぐために、風通しの良い日陰で保管してください。
  • 革タグは本革を使用しているので多少伸縮することがあります。水や汗に濡れると、色落ち・シミの原因になる場合があります。
  • タッセルは摩擦・湿気・紫外線により、色あせや変色が起こる場合があります。
  • 乳幼児の手の届かない所に保管してください。
PAGE TOP