Cohana - 地域産業や工芸による上質なハンドメイドの道具

浮き紙の水平開き手帖 2.5mm方眼

独自の紙漉きを追求した越前和紙「浮き紙」を表紙に、180°開く「水平開き」の手帖をつくりました。開いたときに中心が膨らまないため、まるでまっすぐな紙の上に書いているような心地よさがあります。 この「水平開き」の製本技術は、1938年に浅草で創業した中村印刷所さん独自の特許技術です。下町のベテラン職人が何百回もの試作の末につくりあげました。 おもにノートに使われてきた「水平開き」の技術を活かし、スリムでコンパクトなのに、見開きいっぱい広く使える、機能的な手帖ができました。 2.5mmの方眼は、小さな文字も書きやすく、4マス=1cmと計算がしやすいため、図案を考えたり、スケッチや製図を描く際に便利です。淡いライトグレーの線とオフホワイトの紙は、目が疲れにくく、色をのせても邪魔になりません。 ハードカバーの表紙にはゴムバンドが付いていて、かばんに入れても安心です。お揃いの「浮き紙の小箱 色えんぴつ」と一緒に、どこでも携帯できます。

Cohana - 地域産業や工芸による上質なハンドメイドの道具