Cohana - 地域産業や工芸による上質なハンドメイドの道具

金銀銅色のお花の待針

職人のつくった原型から、ひとつひとつ丹念につくられた金銀銅色のお花の待針。 ロウで原型を削りだし、そこからゴム型をとってつくられる「ラバーキャスト製法」でつくられています。かつて主流であった真ちゅうの鋳物に比べて軽く、繊細な表現ができるこの製法は、ニットカーディガンのボタンなどに利用され、戦後、庶民の服をいろどりました。 服飾問屋街の近くにあり、ボタンやアクセサリーといった装身具関係の町工場が集まる、大阪府生野区。クラフトカンパニーさんは、1963年創業の先代の時代からラバーキャストを使い、磨かれた職人の知恵と技で、複雑なかたちのオーダーにも対応してきました。 直径7mmの小さなお花に、細やかな職人の技術が光ります。針は産地として有名な広島でつくられた物で、布通りがスムーズです。

Cohana - 地域産業や工芸による上質なハンドメイドの道具