日本の地域産業や工芸にこだわった上質なハンドメイドの道具Cohanaのオンラインストア

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2019/04/11
by 渡辺 はるか

Cohanaオンラインストアは、誠に勝手ながら下記日程を ゴールデンウィーク休業とさせていただきます。


2019年4月27日(土)~5月6日(月)


※2019年4月26日(金)9:00までのご注文に関しては、当日に出荷させていただきます。

※お支払い方法に銀行振込を選択された場合は、2019年4月26日(金)9:00までのご入金が確認できたご注文に関し、当日の出荷となります。

※ご注文の対応、在庫確認、商品に関するお問い合わせ等には、2019年5月7日(火)以降に順次対応させていただきます。


お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、 ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

新商品発売のお知らせ(2019年春)

2019/04/10
by 渡辺 はるか

この春、4種19アイテムの新商品が発売になりました。


三河木綿の巻き道具入れ


愛知県の三河木綿と、帆布を組み合わせた巻き型の道具入れ。

編み棒や文房具などさまざまな道具の収納に使用できます。持ち運びにも便利です。

三河木綿の巻き道具入れ きなり・ばらいろ
三河木綿の巻き道具入れ きなり・みずあさぎ
三河木綿の巻き道具入れ もくたん・きすいせん
三河木綿の巻き道具入れ もくたん・つゆくさいろ


豆枡の針山


わずか15mm角の小さな豆枡で作られた針山。

針山の生地は、浜松で織られた上質なリネンを使用。

針山と同じ色でそろえたとんぼ玉の待針付きです

豆枡の針山 きすいせん
豆枡の針山 ばらいろ
豆枡の針山 みずあさぎ
豆枡の針山 つゆくさいろ
豆枡の針山 ふかがわねず


貝釦のお花のプッシュピン


真珠を育てる貝として有名な「あこや貝」を、お花のかたちに切り出し、繊細な広島の針と合わせた貝釦のプッシュピン。

日本の伝統色で染められた4色と、「しろ」、「いろどり」で展開しています。

貝釦のお花のプッシュピン きすいせん
貝釦のお花のプッシュピン ばらいろ
貝釦のお花のプッシュピン みずあさぎ
貝釦のお花のプッシュピン つゆくさいろ
貝釦のお花のプッシュピン しろ
貝釦のお花のプッシュピン いろどり


小樽切子のピンクッション


凛とした表情の「小樽切子」の器に、同じ北海道産のフェルトボールを合わせたピンクッション。

布通りがスムーズな広島産のガラスの待針が10本付いています。

小樽切子のピンクッション きすいせん
小樽切子のピンクッション ばらいろ
小樽切子のピンクッション みずあさぎ
小樽切子のピンクッション つゆくさいろ

冬季限定商品のお知らせ

2018/10/03
by KAWAGUCHI KEIJIRO

2018・Cohanaのクリスマスのテーマは「ホワイトクリスマス」。
粉雪が降り積もったような表情の“南部鉄器の文ちん”や、そのままオーナメントとしても
飾っていただける“とちの木の糸巻き”など、今季限定の特別な道具が、笑顔を届けます。


クリスマス限定商品一覧ページ

新商品発売のお知らせ(2018年秋)

2018/10/03
by 渡辺 はるか

この秋、3種11アイテムの新商品が発売になりました。

金銀銅色のお花の待針

職人のつくった原型から、ひとつひとつ丹念につくられた金銀銅色のお花の待針。 ロウで原型を削りだし、そこからゴム型をとってつくられる「ラバーキャスト製法」でつくられています。かつて主流であった真ちゅうの鋳物に比べて軽く、繊細な表現ができるこの製法は、ニットカーディガンのボタンなどに利用され、戦後、庶民の服をいろどりました。


金銀銅色のお花の待針

浮き紙の水平開き手帖 2.5mm方眼

独自の紙漉きを追求した越前和紙「浮き紙」を表紙に、180°開く「水平開き」の手帖をつくりました。開いたときに中心が膨らまないため、まるでまっすぐな紙の上に書いているような心地よさがあります。 この「水平開き」の製本技術は、1938年に浅草で創業した中村印刷所さん独自の特許技術です。下町のベテラン職人が何百回もの試作の末につくりあげました。 おもにノートに使われてきた「水平開き」の技術を活かし、スリムでコンパクトなのに、見開きいっぱい広く使える、機能的な手帖ができました。

浮き紙の水平開き手帖 2.5mm方眼 きすいせん

浮き紙の水平開き手帖 2.5mm方眼 ばらいろ
浮き紙の水平開き手帖 2.5mm方眼 みずあさぎ
浮き紙の水平開き手帖 2.5mm方眼 つゆくさいろ
浮き紙の水平開き手帖 2.5mm方眼 ふかがわねず

浮き紙の小箱 色えんぴつ

独自の紙漉きを追求した越前和紙「浮き紙」を使い、引きだし式の小箱をつくりました。中にはキャメル鉛筆製作所さんの上質な色えんぴつが入っています。 東京都荒川区にある、昭和14年創業のキャメル鉛筆製作所さんは、筆記具を専門とする日本有数の老舗鉛筆メーカーです。発色がよく描きやすい色えんぴつを、日本の伝統色のCohanaカラーに「くろ」を加えた6色のセットにしました。

浮き紙の小箱 色えんぴつ きすいせん

浮き紙の小箱 色えんぴつ ばらいろ
浮き紙の小箱 色えんぴつ みずあさぎ
浮き紙の小箱 色えんぴつ つゆくさいろ
浮き紙の小箱 色えんぴつ ふかがわねず

日本橋に店舗オープンのお知らせ

2018/06/10
by KAWAGUCHI KEIJIRO

2018年6月11日(月)に東京日本橋にCohanaの店舗がオープンします。

これまでオンラインのみで販売を行っていましたが、実店舗をオープンすることとなりました。

全商品をお取り扱いしていますので、見て触ってCohanaを感じてもらうことができます。

<アクセス方法>
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-7
TEL:03-3241-2101 FAX:03-3241-2201
JR線「神田」駅南口、「新日本橋」駅1番出口から徒歩2分
銀座線、半蔵門線「三越前」駅A8番出口から徒歩5分
日比谷線「小伝馬町」駅5番出口から徒歩10分
Googleマップでみる



庄三郎 伊賀くみひもの糸切ばさみイメージ動画

2018/05/27
by KAWAGUCHI KEIJIRO

庄三郎 伊賀くみひもの糸切ばさみのイメージ動画が公開されました。

庄三郎 伊賀くみひもの糸切ばさみ

世界に誇る庄三郎のはさみは、創業者・庄三郎の精神を引き継ぐ直系の職人が、品質に妥協することなく、一丁ずつ、真心をもってつくり続けています。切れ味が秀逸な庄三郎の糸切ばさみの柄に、奈良時代以前から、主に武具などの紐として作られていた伊賀のくみひもを巻き付け、モダンに仕上げました。美しく染め上げられた絹糸は手に優しくなじみ、独特の風合いと味わいを醸し出します。

庄三郎 伊賀くみひもの糸切ばさみ きすいせん

庄三郎 伊賀くみひもの糸切ばさみ つゆくさいろ

庄三郎 伊賀くみひもの糸切ばさみ ばらいろ

庄三郎 伊賀くみひもの糸切ばさみ みずあさぎ

朝日新聞に「真ちゅうの竹尺」が掲載されました

2018/05/13
by KAWAGUCHI KEIJIRO

5月13日発刊の朝日新聞のコラム「そばに置きたい」に、Cohana真ちゅうの竹尺が掲載されました。

(そばに置きたい)「真ちゅう竹尺」便利で今風

※以下は、当店作成の「真ちゅうの竹尺」についての文章です。朝日新聞のコラムの内容と関係がありません。

真ちゅうの竹尺


見る人を、なつかしい気持ちにさせる竹尺。竹尺の特徴は縦横どちらから見ても読むことができる、「星」とよばれる模様です。その星や目盛りを、真ちゅうにレーザー刻印しました。レーザー刻印は、目盛りや星をはっきりと読むことができ、色褪せにくいのが特長です。表面にゆるやかなアールを付けたり、星の一部に朱を入れたり、「竹尺らしさ」にこだわっています。使うほどに風合いが増し、だんだんと愛着がわく「真ちゅうの竹尺」は、大切な方へのギフトにもおすすめです。


真ちゅうの竹尺 15cm
真ちゅうの竹尺 30cm

新商品発売のお知らせ(2018年春)

2018/04/04
by KAWAGUCHI KEIJIRO

この春、5種26アイテムの新商品が発売になりました。

白なめし革の巾着

「白なめし革」とは化学薬品を使わず、植物から抽出される植物タンニンでなめされた、人と環境にやさしい革のことを言います。なめされた革はきめが細かく美しい白革に仕上がり、白革から染色することで、きれいな色に染まることが特長です。使えば使い込むほど味わいが増し、愛着が湧いてくる革の巾着。ふっくらとしたつぼみのようなフォルムは、ひもをゆるめれば花が咲いたように広がり、小物入れになります。裁縫道具やアクセサリー入れにちょうどいい、持ち運びに便利なサイズです。


白なめし革の巾着 きすいせん
白なめし革の巾着 ばらいろ
白なめし革の巾着 みずあさぎ
白なめし革の巾着 つゆくさいろ
白なめし革の巾着 ふかがわねず

関の豆ばさみ

老舗刃物メーカーが作った全長35mmのかわいく・切れ味の良い豆ばさみ。指でつまむように持ち、軽い力でカットができます。絹糸の小さな房は、手作業でていねいに作られ、職人の繊細な技が光る、美しい仕上がりです。はさみに合わせ、豆サイズで作られたはさみケースには、上質な本革を使用しています。ペンケースやポーチ、巾着に入れてもコンパクトに収まり、持ち運びに便利な豆ばさみです。


関の豆ばさみ きすいせん
関の豆ばさみ ばらいろ
関の豆ばさみ みずあさぎ
関の豆ばさみ つゆくさいろ
関の豆ばさみ ふかがわねず

とちの木の糸巻き

職人の手でひとつひとつ丁寧に削られた、花の形の糸巻き。漆の器によく使われるとちの木は、柔らかく、削りやすいのが特長で、美しい曲線の糸巻きに仕上がりました。糸巻きには上質なボタンつけ糸を巻いています。ボタンつけ以外にもさまざまな針仕事に使える万能糸です。別の糸を巻いたり、穴にひもや金具を通せば、シザーキーパーやネックレス、ピアスなど、アクセサリーとしても楽しめます。


とちの木の糸巻き きすいせん
とちの木の糸巻き ばらいろ
とちの木の糸巻き みずあさぎ
とちの木の糸巻き みずあさぎ
とちの木の糸巻き ふかがわねず
とちの木の糸巻き しろ
とちの木の糸巻き くろ

信楽焼のボタンマグネット

信楽焼は、素朴さと力強さを感じさせる土の味わいが特長です。その味わい深い佇まいは、“わび・さび”の精神とも結びつき、茶道具の名品が沢山うまれました。ボタンをモチーフにした信楽焼。小さなボタンの中にも、土のぬくもり・人のぬくもりが感じられるよう、釉薬の掛け具合や焼成方法にこだわりました。裏に磁石が内蔵されているので、針休めしたい時に小さなピンクッションとして使えるアイテムです。クリップホルダーや、マグネットとしても使用できます。


信楽焼のボタンマグネット きすいせん
信楽焼のボタンマグネット ばらいろ
信楽焼のボタンマグネット みずあさぎ
信楽焼のボタンマグネット つゆくさいろ
信楽焼のボタンマグネット ふかがわねず

曲げわっぱの道具箱

薄く削ったスギやヒノキを、ひとつひとつ手で曲げて作る「曲げわっぱ」と「刺しゅう枠」。職人の手わざと、木の弾力性・まっすぐな木目が揃い、美しい木の曲線が描かれます。 その「曲げわっぱ」と「刺しゅう枠」を組み合わせ、木目の美しい道具箱を作りました。取り外し可能な仕切りつきなので、用途に合わせて使い分けることができます。フタには、手のぬくもりを感じさせるクロスステッチを施し、実際に使える刺しゅう枠を付けました。


曲げわっぱの道具箱 こはる 刺しゅう枠12cm
曲げわっぱの道具箱 あおい 刺しゅう枠12cm
曲げわっぱの道具箱 こはる 刺しゅう枠15cm
曲げわっぱの道具箱 あおい 刺しゅう枠15cm