Story

Cohanaのカラーについて

Cohanaのカラーは、四季の移ろいが感じられる日本の伝統色です。

  • 黄水仙 きすいせん

    水仙の花の明るい黄色。見ているだけで心を弾ませ、楽しい気分にさせてくれるカラーです。水仙の花の名の由来は、「清楚な姿が仙人のようだから」だと言われています。

  • 薔薇色 ばらいろ

    ばらの花の色。日本では、良い事ずくめの明るい想像を「薔薇色の未来」などと表現します。ピンクの薔薇の花言葉には、「しあわせ・感謝・上品」などがあります。

  • 水浅葱 みずあさぎ

    緑みがかった淡い青色を水浅葱といいます。淡く染めた藍染の色を水浅葱と呼ぶこともあります。山間の透きとおった水を連想させる、さわやかなカラーです。

  • 露草色 つゆくさいろ

    露草の花の色。この花をすった汁を青花といい、染色の下絵を描くのに用いました。昔の日本人はこれを着草と呼び、これで衣を染めたこともありました。

  • 深川鼠 ふかがわねず

    水色がかった明るい灰色。江戸時代に江戸深川のいなせな若衆や、芸妓連が着始めた着物から、この色名がつきました。日本人特有の美意識、「粋」で洒落た色です。

STORY LIST